減量が怖い理由。2019.03.11の摂取糖質量と体重計量

糖質制限観察日記

減量が怖い理由。2019.03.11の摂取糖質量と体重計量

毎週月曜日は、体重を計る日にしている。
月曜日にしたのは、週末の暴飲暴食を戒める目的もある。

本日の体重、朝一番の排便後の乾燥重量

86.4kg

随分減っている。 2.8kgの減。

一週間で2.8kgの体重減少は、減りすぎ。
減量の理想は、1週間に0.5kgまで。
1ヶ月に2kg程度の体重減少に抑えないと、基礎代謝以外にも影響がある。

減量の怖い真実

体内の脂肪だけが減るのなら、まったくもって問題がないが、減量は、脂肪の減少と同時にタンパク質も減少する。
すなわち、皮下脂肪・内臓脂肪の減少と同時に、筋肉・心臓・呼吸器も痩せてしまう。

心臓・呼吸器が痩せてしまうのが減量の怖いところ。

怖い減量を避ける、唯一の方法

これを防ぐには、有酸素運動しかない。
ジョギング等の有酸素運動をすることで、心臓・呼吸器系統の筋肉が強化され、減量の恐怖はなくなる。
「減量はカロリーを減らして運動をしよう」
と、一般的に言われているのは、このことである。減量を頑張る貴殿も注意されたし。私は、確定申告が済んだら、走ることにする。

朝食

本日は、朝食を摂っていない。

昼食

生姜焼き用の少し厚めの豚肉を入手した。
それを、プルコギソースで味付け、
あとは、目玉焼きダブルで。

昼食の内容

  1. 豚肉(生姜焼き用) 200g
  2. 目玉焼き 2個

この糖質量は、

  1. 豚肉 0.2g
  2. たまご 0.2g
  3. 昼食の糖質  0.4g

夕食の内容

キッチンに玉葱が1個、転がっていた。
玉葱を使った肉料理を考えた。
子供の頃、祖母がよく作ってくれた、
おばあちゃんのスペイン風オムレツ風オープンオムレツだ。

作り方は、簡単。玉葱をみじん切りにして、透明になるまで炒める。
ミンチ肉と合わせて炒める。
ここで、肉が先では?との疑問もあろうが、
ミンチ肉がパサパサになってしまわないように、
玉葱の水分を頼る。

肉に火が通ったら、溶き卵を上から、覆い被せるようにかける。
半熟状態で、固まり始めたら、火を止める。

小さなフライパンで作れば、形が崩れずに、上手に完成。
食卓にそのまま出せる

味付けは、黒胡椒と、ヒガシマルめんスープ4倍濃縮を醤油代わりに使用

夕食の内容

  1. スペイン風オムレツ風オープンオムレツ 2人前
  2. 白菜の浅漬け(塩) 100g
  3. ヒガシマルめんスープ4倍濃縮 10ml

夕食の糖質量は、

  1. 豚ミンチ肉 0.3g
  2. たまご3個 0.3g
  3. 玉葱1個 13.5g
  4. めんスープ4倍濃縮 3g
  5. 白菜 2g

夕食の糖質  19.1g

本日の摂取糖質量の合計

  1. 朝食分  0g
  2. 昼食分  0.4g
  3. 夕食分 19.1g

総合計   19.5g

お疲れ様でした。

玉葱は、みそ汁のお出汁に相当するので、糖質量が多いが、仕方なし。

めんスープは、糖質を多く含んでいるので、糖質量を計上した。

本日の糖質量の目安

  • 豚肉 100g、糖質0.1g
  • 白菜 100g、糖質2g
  • たまご 1個、糖質0.1g
  • 玉葱 1個、糖質13.5g
  • ヒガシマルめんスープ4倍濃縮100ml、糖質29.2g
タイトルとURLをコピーしました