羽田空港ANAショップ、焼き鯖すし

コーラにはうるさい

子供時代のさば

サバは、子供の頃から、よく食卓にならんでいた。
塩焼きが中心だった。

お寿司では、サバの生酢を使った押し寿司のバッテラ。
バッテラのさばの厚さは、とても薄く、下の酢飯が透けて見えるくらい。
ちょっと、ごはんの量が多いでしょ、と思っていた。

本物の鯖寿司

大学に入学して、行動範囲が拡がったとき、初めて、さば寿司を食べた。
ちょっと高価なさば寿司。

酢飯の量より、鯖の方がはるかに大きいもの。
こんなに贅沢な寿司があるのか、と思った。

肴としてのネタが酢飯よりもはるかに大きいこと、これが、私の寿司の基準となった。勢い、回転寿司は敬遠することになる。

空港の鯖寿司はどうか?

本日頂いたのは、焼き鯖すし。

ネタが大きいことを確認した。

ANAショップでは、1,000円以上の決済をANAカードですると、1割引になる。
私のANAAMEXカードでも、割り引いてもらえた。税込みで1,080円なので、ぎりぎり1割引。

ラウンジで4時間も粘って、コーラと、生ドライビールとサントリーロイヤルでタプタプになっていたので、そろそろ固形物が欲しくなっていた。

焼き鯖が香ばしく焼かれて、油脂分も十分、ひつこくなかった。

そして、焼き鯖と酢飯の間にショウガが挟んであり、脂が乗った焼き鯖もさっぱりとしていた。

タイトルとURLをコピーしました