巣鴨庚申塚の骨抜きうなぎ「うな菊」

コーラにはうるさい

巣鴨といえば、とげ抜き地蔵

巣鴨には、とげ抜き地蔵があります。
そのお寺が面している、とげ抜き地蔵通りを西へ進むと、都電荒川線の庚申塚駅があります。
その駅の手前に、骨抜きうなぎのうな菊があります。

普通のうなぎの蒲焼きは、小骨が沢山あります。
でも、うなぎ好きは、小骨があるのは、承知でおいしいおいしいと食べてます。

小骨が苦手なら、うなぎは無理か?

私は、ししゃもやカタクチイワシの干物でも、骨を取ります。サンマの開きの腹骨も可能な限り取ります。それくらい、骨が苦手なんです。
この前なんて、ちりめんじゃこの骨を取ろうとして笑われました。

子供の頃、母や祖母が魚の骨を取ってくれていたのが習慣になってしまったのでしょう。ときどき、骨がのどにささってしまったことが何度もありました。それがトラウマになっているのです。

ですから、子供の頃は、うなぎが嫌いでした。
うな重のごはんだけ食べてました。うなダレのかかったごはん、おいしいですもんね。

骨抜きうなぎ、ついに発見

巣鴨に出張に来て、一番に見学したのは、とげ抜き地蔵近辺です。
おばあちゃんの原宿、と、テレビで見てましたので、どんな所か興味がありました。そこで見つけたのが骨抜きうなぎです。

骨抜きなら、食べられる。
うなぎの味を堪能することができるぞ、と喜び勇んで、ネコまっしぐらで、のれんをくぐります。

うな菊では、骨抜きうなぎと一般のうなぎと両方のバージョンで提供されます。
私は、迷わず、
「骨抜きで!」
と注文しました。

お店では、手作業で、骨を抜いています。

ですから、この看板のように、骨抜きうなぎの在庫が少なくなると、
「お時間、頂戴します。」
となる訳です。

店内は、がらがらです。しかし、出前が忙しそうです。
あんまり待たせるので、前回、時間を計りました。
なんと、50分後に出てきました。

急ぐときは、無理ですね。おなかが空きすぎです。
空腹なのに、ゲップが出る、「飢餓収縮」を経験しますよ。

ふっくらとおいしい骨抜きうなぎ

江戸前の蒲焼きは、背開きで開いて、一度蒸します。
その後、焼きに入るのですが、骨を抜かないでも、ふっくらな蒸しうなぎなのに、骨抜いたらどうなるか?

もう、おわかりですね。

一度行ってみてください。小さなお子様でも、安心です。
おなかが空いていなくても、待っている間に、空いてきます。

タイトルとURLをコピーしました