助成金

助成金

助成金の申請を社会保険労務士へ委任する流れ

助成金は事業主が申請します。しかし、助成金の中には手続きが煩雑で用意する書類等が複雑なものが多数あります。自分で申請できる分には、自分で申請することもできます。が、申請の手間と時間を考えると、専門家にお任せするのも1つの手ではないでしょうか。助成金を社会保険労務士(以下、社労士といいます)に委任すると、手数料が取られる、といって委任を敬遠される方がいます。しかし、例え手数料を支払っても、手元にお金が残るのであれば社労士に委任した方が却って楽なのではありませんか?
助成金

ホームページを作成するときにもらえる助成金と補助金

インターネットが普及したことで、商品購入の顧客の行動が変化してきています。興味を持った商品をネットで検索し、情報を集めて、その商品を買うかどうかの判断をします。結局、購買行動の意思決定のほとんどが、実際の店舗や営業マンに接する以前に済まされているということです。ということは、企業のホームページで商品情報を十分に与えて、購買へ進むように仕掛けを作る必要があります。
助成金

テレワーク1人でも始めるともらえる助成金

緊急事態宣言が発令され、出勤者7割削減の目標でテレワークを導入することが求められています。進んでテレワークを導入してみようとする会社は、1人でもテレワークを始めるともらえる助成金があります。働き方改革推進支援助成金(新型コロナウィルス感染症対策のためのテレワークコース)といいます。
助成金

社員に健康診断を受けさせるともらえる助成金

社員の健康は、欠かせません。病弱で休みがちな社員に重要な仕事を任せることはできませんからね。社員の健康を見守る1つの方法として定期的な健康診断があります。健康診断を受けさせることで助成金が支給されます。キャリアアップ助成金(健康診断制度コース)といいます。
助成金

助成金の予算が余る、不都合な真実とは

助成金の受給申請をしたことがありますか?助成金は、国から支給されて、返済不要なんです。返済不要なお金が国からもらえるなんて、すばらしいことです。しかし、残念ながら助成金に費やす国家の予算が余っているのが現状なのです。なぜでしょうか?
助成金

正社員へと待遇を変えるともらえる助成金

非正規社員の割合が増え、雇い止めなどの不安定要素が問題にされる中で、社員の待遇を正社員へと変更することが求められています。そこで、正社員へと雇用形態を変更することで助成金が支給されることになりました。キャリアアップ助成金(正社員化コース)といいます。
助成金

障害者を初めて雇入れるともらえる助成金

障害者だって、働かないといけません。しかし、障害者であることへの周囲の理解を得られないと、健常者とともに働くことはできません。障害者とともに働くことの理解ができる会社に助成金が支給されます。特定求職者雇用開発助成金(障害者初回雇用コース)といいます。
助成金

就職が難しい人を雇入れるともらえる助成金

いろいろな事情で、就職しづらい方がいらっしゃいます。従業員を雇う側の立場として、同じ雇用するなら、条件のよい方を選ぼうとするのは当たり前のことです。そこで、特定の就職困難者を雇用すると助成金が支給されることになりました。特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)といいます。
助成金

高齢者を雇入れるともらえる助成金

ストアカ ...
助成金

子育てを支援するともらえる助成金

ストアカ ...
タイトルとURLをコピーしました