ロジクールのワイヤレストラックボールマウスを15年使ってます。

ロジクールのワイヤレストラックボールマウス お気に入りグッズ
ロジクールのワイヤレストラックボールマウス

マウスの使い始め

私がパソコンを使い始めたのは、1990年代です。その頃のマウスは、パソコンにコードでつないで、マウスパッドという、「下敷き」を敷いて、その上に置いて使います。
そのマウスパッドの範囲内で、マウスを上下左右に動かして使うものです。

マウスを大きく動かすときは、一旦マウスを持ち上げて、動かしたいのとは反対方向のマウスパッドの端に置いて、操作する必要がありました。

あれから、25年以上経ちました。マウスは、使い方はそのままで、コードがなくなった、ワイヤレスが主流となっています。

マウスは使いづらくて当然なのか?

マウスパッドの外へマウスが出ると、感度が急激に悪くなり、思うように画面上のカーソルを移動させることができません。

私は、こんなマウスは使いづらいな、と思っておりましたところ、知り合いのグラフィックデザイナーに教えられました。

トラックボールが付いたマウスなら、マウスパッド不要

トラックボールが付いたマウスなら、マウスパッド不要ですと。

いろいろ探したところ、このロジクールのワイヤレストラックボールマウスに出会いました。

使いづらいマウスに不満はないのですか?

ここで、あなたに質問です。

「使いづらいマウスに不満はないのですか?」

ワイヤレストラックボールマウスは、初めて使うときは、新しい指(親指)の動きがうまくできず、戸惑います。

しかし、すこし使って慣れてきますと、間違いなく手が楽で、腕や手首を動かさないので疲れにくくて、マウスに対するストレスがなくなります。

マウスを置く位置はどこでもよいのです。

マウスパッドが不要で、マウスを移動させずに固定して使えるので、あぐらをかいた太ももの上に乗せて操作するときもあります。

机に覆い被さってパソコンの後ろの方にマウスを置いて、姿勢を悪くして操作することもできます。

机の上が散らかっているときは、このマウスを積み上げた書類の山に乗せて使うことができます。

カーソルの移動は、すべて親指でマウス左側にある「トラックボール」をころがして操作します。非常に繊細に動かせますので、細かな操作が可能です。

ワイヤレスなので、10メートル離れても操作可能で、プレゼンテーションに使うことができます。プレゼン用の特別なマウスは不要です。

レシーバーを無くさない工夫があります

レシーバーは、USBなんですが、超小型で、移動時にはずすこともありません。

ワイヤレス機器で注意が必要なのは、レシーバーのUSBを紛失してしまわないかということ。このマウスは、本体に収納箇所があるので、安心です。

気に入って使ってます。もう15年は愛用してるでしょうね。



ロジクール(Logicool) M570t Logicool Wireless Trackball(ワイヤレストラックボールマウス/2.4GHz/Unifying対応/5ボタン/シルバー&ブルー)

出張時には、ケースに入れてから、キャリーバッグに押し込んでます。

送料無料 ロジクール ワイヤレストラックボール M570t 専用ケース LOGICOOL Wireless Trackball M570t case 純正 収納 マウス パソコン カラビナ 持ち歩き 出張 ビジネス

タイトルとURLをコピーしました