中島先生へ

今回、中島先生にセミナールームをご利用いただくにあたり、お伝えすることがございます。

当日、私は、フィリピンにおります。

永住VISAの更新手続きで、マニラに張り付いております。

つきましては、部屋の鍵、警備設定解除カードをお渡しして、その使い方をお伝えします。

1,部屋の鍵と警備カード

鍵2本と警備カードは、水色の封筒に入れて、1階の郵便受けに入れてます。
ダイヤル式です。

「左へ5を2回」
「右へ2」

で取り出せます。

2,5階の警備解除

エレベータが5階に到着して、見える光景が

これなら、警備は解除されていますので、そのまま、セミナールームへ入れます。

もし、エレベータ前のとびらがしまっていたら、そのドアの前に立ち、すぐ左側をみてください。

このようなパネルがあります。
このパネルが警備設定解除の状況を表示しているパネルです。

ランプが緑色に点灯していたら、「警備設定中」を意味します。

赤色点灯は、どこかのドアが開いていている状態を意味します。

ランプが消えているときは、警備解除中で、警備設定を待っている状態です。

すなわち、緑色点灯のときは、カードを抜き差しして、警備を解除します。
そして、入室してください。

3,5階の警備設定

セミナー終了後、セミナールームの照明・エアコン・ストーブ・プロジェクタ等を消して、戸締まりをしたら、同フロアのご近所さん2軒のドアをノックします。

どちらかに人がいれば、

「帰ります。」

と伝えて警備は触らず、そのままお帰りください。

最終日には、1階の郵便受けに鍵とカードを入れてください。

(初日は、ご宿泊のホテルへ持ち出してください。)

おそらく、最終日には、ご近所さんがいないかも知れません。

5階に誰もいないことを確認して、2枚目のドアを施錠して、警備をかけます。

2枚目のドアを施錠したら、パネルは、ランプが消えた状態になっています。

ランプが消えた状態で、警備カードを抜き差しして、緑色にしてください。

緑色になれば、警備設定完了です。

お疲れ様でした。

4,その他の連絡事項

土曜日に、ウェブデザイナーの宮武が出社するかもしれません。

彼には、領収証を渡していますので、セミナールーム使用料をお渡しください。

彼がいましたら、その日の施錠・警備設定は不要です。

ご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

緊急連絡先
090-6247-1028
または、
+81-090-6247-1028
フィリピンの空の下から、谷口が対応いたします。

タイトルとURLをコピーしました