テレワーク

テレワークの始め方

コロナ禍の下で、出勤者7割削減という聡明な目標が掲げられています。テレワークを始めないといけないのはわかっていても、いざ始めるとなるといろんな疑問いろんな障壁がたちはだかります。そんな状況を打破していただけるヒントになれば幸いです。
テレワーク

クラブハウスをテレワークで使う

クラブハウス(Clubhouse)という音声SNSが日本で流行し始めました。クラブハウスは、2020年の春にアメリカでリリースされたアプリです。その機能を見ていきますと、テレワークに使えるところがありますので、紹介します。
中小企業DX化支援IT専門家

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションという言葉を聞くようになりました。マーケティングオートメーションは営業システムの1つです。略して「MA」と呼ばれます。マーケティングオートメーションを活用すると、会社の営業部門が持つ顧客リストの内、どの顧客が今商品を欲しがっているのかがわかるようになります。
助成金

社員の退職金に対する助成金がある

中小企業にとって、社員の退職金を用意するのは大変困難です。国の制度として、中小企業退職金共済(中退共)という制度があります。中小企業の準備が困難な退職金に関して国が応援しています。さらに、この制度に対して助成金が支給されることもあります。
助成金

教育訓練の休暇を与えるともらえる助成金

社員に教育訓練を受けさせるには、ちょっとした勇気が必要です。なぜなら、教育訓練をしているときも給料を支払わないといけないし、ひょっとしたら退職してしまうかもしれないからです。そんなリスクを少しでも緩和させるための助成金があります。人材開発支援助成金(教育訓練休暇付与コース)です。
助成金

社員の退職を防いだらもらえる助成金

「制度導入助成」では、助成金申請で制度を導入することで支給されます。一方、「目標達成助成」と呼ばれる種類の助成金があります。これは、制度を導入してだけでは足りず、制度を導入した目標を達成すると支給されるのです。離職率の低下がこの助成金の目的です。
助成金

助成金の申請を社会保険労務士へ委任する流れ

助成金は事業主が申請します。しかし、助成金の中には手続きが煩雑で用意する書類等が複雑なものが多数あります。自分で申請できる分には、自分で申請することもできます。が、申請の手間と時間を考えると、専門家にお任せするのも1つの手ではないでしょうか。助成金を社会保険労務士(以下、社労士といいます)に委任すると、手数料が取られる、といって委任を敬遠される方がいます。しかし、例え手数料を支払っても、手元にお金が残るのであれば社労士に委任した方が却って楽なのではありませんか?
助成金

ホームページを作成するときにもらえる助成金と補助金

インターネットが普及したことで、商品購入の顧客の行動が変化してきています。興味を持った商品をネットで検索し、情報を集めて、その商品を買うかどうかの判断をします。結局、購買行動の意思決定のほとんどが、実際の店舗や営業マンに接する以前に済まされているということです。ということは、企業のホームページで商品情報を十分に与えて、購買へ進むように仕掛けを作る必要があります。
助成金

テレワーク1人でも始めるともらえる助成金

緊急事態宣言が発令され、出勤者7割削減の目標でテレワークを導入することが求められています。進んでテレワークを導入してみようとする会社は、1人でもテレワークを始めるともらえる助成金があります。働き方改革推進支援助成金(新型コロナウィルス感染症対策のためのテレワークコース)といいます。
テレワーク

対面営業と変わらないオンライン営業をするには

コロナ禍の影響もあって、営業のテレワーク化が進み、インサイドセールスに注目が集まるようになってきました。 営業のオンライン化を導入するときに、 「対面の営業と変わらないようにするにはどうすればいいですか?」 といった質問を...
タイトルとURLをコピーしました