1. TOP
  2. フィリピンのラーメン

フィリピンのラーメン

2019/02/17 フィリピン人もどき
この記事は約 2 分で読めます。

フィリピンでは、ラーメンは高級料理である

現地の人は、ラーメン店に、おめかしして、やってくる。

ラーメンは、セレブの食べ物なのである。安いものでも、600ペソ。
2.4倍したら、1,440円。
フィリピンでは、貨幣価値が違うので、日本での1,440円よりは、はるかに高価な感覚である。

でも、スープがぬるい。

さらに、麺をゆでるときの温度が低いため、コシがあるどころが、ねちゃねちゃの食感である。

このことに気づいたのは、マニラで初めて「らーめん山頭火」を食べたときである。

そんなことをわかっていながら、毎回通う。
日本の味なのだから、食べたくなる。

店に行ったときは、必ず、厨房を覗いて、日本人スタッフがいないかを確認する。もし、日本人がいたら、
「らーめん、こんなんでいいの?日本のと全然違うじゃないの!」
と、問い詰める準備があるのだ。

フィリピン流なのは、山頭火だけか?

ずっと、らーめん山頭火に通っていたが、今回は、中国の旧正月セールに合わせて、一風堂が新規オープンしたので、行ってみた。
初日は大行列だったので、2日目に行った。

やはり、山頭火と同じレベルだった。

さらに、一風堂の麺は、ストレート中太麺のくせに、スープの味が濃くないので、麺をすすっても、スープの味がしない。

このことは、六本木の一風堂で確認している。
仕方がないので、れんげに少量の麺を乗せ、スープをすくって、一緒に口に運ぶ。こんな行儀の悪い食べ方をしないと、おいしくない。

一方、山頭火は細麺で、スープが濃いので、普通にすすって食べておいしい。

まだ、山頭火の方がまし、って感じ。
まぁ、フィリピンでラーメンを食べる方が間違ってるね。

フィリピン流にアレンジされてしまった日本の料理は、他にもあるから、注意が必要だ。

\ SNSでシェアしよう! /

レンタル経理部長の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

レンタル経理部長の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

レンタル経理部長

谷口 和喜(たにぐち かずき)

グリードキッズ株式会社 代表取締役レンタル経理部長 / 関西大学法学部法律学科卒業 / 保育所経営 / 経理コンサルタント / 月次決算の伝道師 / マネジメントゲーム(MG)認定インストラクター

月次決算の作成を、簿記の知識がないところから教えることができる / 電卓をブラインドタッチで速く打てる / 好きなもの(グルメ・旅行・淡水熱帯魚鑑賞) / 好きでないもの(らっきょう・セロリ・パサパサのレバー)

この人が書いた記事

  • 2019.04.15の摂取糖質量

  • 2019.04.13の摂取糖質量

  • 2019.04.12の摂取糖質量

  • 2019.04.03の摂取糖質量

関連記事

  • アニュアルレポート2019inフィリピン滞在

  • Piny ako.

    フィリピンに1度も行ったことがない私が、永住権を取得した理由

  • ビジネスホテルのアメニティーグッズに見る日本のおもてなし

  • 自動車優先の国、フィリピン

  • フィリピンのフルーツがおいしい理由

  • フィリピンのエコ感覚